ごあいさつ

担当責任者 田畑修(工学研究科 教授)

京都大学ナノテクノロジーハブ拠点 運営責任者
ナノテクノロジープラットフォーム事業
微細加工実施機関

担当責任者 田畑 修(工学研究科 教授)

 京都大学は,平成24年7月から文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム」事業の微細加工ナノプラットフォームコンソーシアムに参画し、ナノスケール加工を中心とした70種類の微細加工・評価装置群を最高の状態でいつでも自由にご利用いただけるアンダーワンルーフ型のオープン利用環境「ナノテクノロジーハブ拠点」を整備し、国内外の研究者・技術者に提供しています。
 ナノスケール加工は、ナノサイエンス&ナノテクノロジー分野における革新的な発想に基づく研究開発を支える基盤技術です。しかし、種々のナノスケール加工装置を自由に利用できる恵まれた環境にいる研究者・技術者は限られていました。京都大学の微細加工ナノテクノロジープラットフォームは、ナノスケール加工を必要とする国内外全ての研究者・技術者に最先端のナノスケール加工を利用できる環境を提供し、「利用可能な装置に律速されない」、「装置操作の習熟度に影響されない」、「装置の維持管理に煩わされない」研究環境を実現しました。
 京都大学は本事業を通して、学内に蓄積されたナノサイエンス&ナノテクノロジー分野に関するアナリシス知(現象の根底にある原理・原則に関する知識)を融合し、シンセシス知(アナリシス知を総合して新規な“ものづくり”を行う方法論に関する知識)を創出・蓄積・応用・伝承する拠点の構築を目指します。
本プラットフォームをご利用頂き、京都大学のアナリシス知とシンセシス知を有効に活用して頂くことで、日本の大学・企業におけるイノベーション創出が加速されることを期待しています。

担当責任者 田畑修(工学研究科 教授)

京都大学ナノテクノロジーハブ拠点 副運営責任者
ナノテクノロジープラットフォーム事業
微細構造解析実施機関

担当責任者 倉田 博基(化学研究所 教授)

 文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム」事業に参画している京大微細構造解析プラットフォームでは、最先端の高性能透過電子顕微鏡3台をはじめ、種々の電子顕微鏡試料作製装置群を共用装置として登録し、国内外の研究者・技術者や学生の研究支援を推進しています。
 近年の先端機能性材料やナノ材料の研究においては、透過電子顕微鏡による構造観察や局所元素分析などのキャラクタリゼーションが益々重要となっています。本プラットフォームでは、そのような研究のニーズに応えるべく、最先端の装置と高度な微細構造観察・計測技術を提供しています。これまでに電子顕微鏡観察の経験がないユーザーの皆様にも、専門の支援研究員による技術指導や技術補助を利用して頂くことにより、無機・有機結晶からソフトマテリアルにわたる幅広い材料に対するナノ構造解析・状態分析を実施することができる研究支援環境となっております。
 本プラットフォームの積極的な活用による学問的・技術的な課題解決を通して、ナノテクノロジーに関連した多彩な先端機能性材料の研究開発が加速し、日本の大学・企業の国際的な競争力の向上や若手研究者・技術者の育成に繋がることを期待しています。

微細加工ナノプラットフォーム コンソーシアム 代表機関事務局

京都大学は、文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業の微細加工プラットフォーム代表機関として全体をまとめる運営事務局の機能も果たしています。
微細加工プラットフォームは、京都大学を含めた全国16の大学、研究機関が参画し、ネットワークを形成して研究支援を行っています。
代表機関では、全国の実施機関と京都大学をつなぐと共に、プラットフォーム事業の社会への周知や技術者の人材育成などを通じて微細加工関連分野への貢献を目指しています。