京都大学におけるナノテクノロジーハブ拠点ユニットについて

 京都大学における高度研究施設・設備の共用化によるナノテクノロジー分野の支援は、平成14年にスタートした文部科学省のプロジェクト「ナノテクノロジー総合支援プロジェクト(平成14年~18年)」に遡ります。その後、「ナノテクノロジー・ネットワーク(平成19年~23年)」を経て現在の「ナノテクノロジープラットフォーム」がスタートしました。平成23年には文部科学省の「低炭素社会構築に向けた研究基盤ネットワークの整備事業」(低炭素ネットワーク:LCnet)により総額30億円の最新鋭微細加工・評価装置群を擁する「次世代低炭素ナノデバイス創製ハブ」の運用を開始しました(自主事業)。
 現在は、学際融合教育研究推進センターのナノテクノロジーハブ拠点ユニットが、吉田キャンパスの「次世代低炭素ナノデバイス創製ハブ」装置群、宇治キャンパスの微細構造解析用電子顕微鏡群および桂キャンパスの微細加工装置群の3拠点を、開かれたハブ拠点として一体的に運用し、微細加工と微細構造解析の両面からナノテクノロジー分野の研究開発に携わる産官学の利用者を支援しています。なお、ナノテクノロジープラットフォーム事業の微細加工プラットフォーム代表機関も学内組織上は当拠点ユニットに属していますが、実施機関としてのナノテクノロジーハブ拠点とは独立した組織として運用されています。

ナノハブ運営委員会

ハブは私たちが運用しています。名前をクリックすると各研究者の研究事例が別画面で開きます。
 ● 拠点マネージャー  大嶋 正裕  (工学研究科・教授)
 ● 拠点副マネージャー  辻井 敬亘  (化学研究所・教授)
 ● 運営責任者  田畑 修   (工学研究科・教授)
 ● 副運営責任者  倉田 博基  (化学研究所・教授)
 ● 運営委員  内本 喜晴  (人間・環境学研究科・教授)
 ● 運営委員  加納 健司  (農学研究科・教授)
 ● 運営委員  山田 啓文  (工学研究科・教授)
 ● 運営委員  土屋 智由  (工学研究科・准教授)
 ● 運営委員  横川 隆司  (工学研究科・准教授)